積み木の家

投資をするならマンション1棟買いを利用|安定収入をゲット

転勤時に住宅を賃貸

スーツの男性

一定期間の条件付き借家

一定の短い期間だけ住居を借りたいという場合に、リロケーション物件がお勧めです。安定的に長期間住宅を借りたいという人もいれば、わずかな間だけという人もいます。その一方で、短期間だけでも住宅を貸したいという人もいるのです。そのような両者の利害が一致した場合に、リロケーションが行われます。リロケーションとは、転勤などで一時的に住宅を空き家にしなければならない場合に、定期借家契約を結んで賃貸物件として貸し出す方法です。一定期間という条件付きな分だけ、家賃相場が2,3割安いとも言われており、お互いにとってメリットのある契約条件になります。短期間での賃貸物件の件数も増加傾向にあり、効率的な賃貸方法と言えます。

双方にメリットがある契約

そもそも、転勤などに伴って、急きょ賃貸物件として貸し出す場合がほとんどですので、手続きがあわただしいという側面があります。転勤の手続きだけでも忙しいので、それに加えてリロケーションを行うというのは大変です。それでも、空き家にしたままでは老朽化も早まりますし、何のメリットもありません。その点、入居者に入ってもらっていれば、家賃をもらいながら管理人を置いているようなものですから、効率的な賃貸業と言えます。もちろん、オーナーとしての業務は発生しますが、ほとんどの場合、賃貸管理会社に管理業務を委託することになります。自宅に戻る時に、空き家の場合には手入れをしなければ住めないような状況になっている可能性もありますが、入居者がいれば安心です。