積み木の家

投資をするならマンション1棟買いを利用|安定収入をゲット

住宅地と維持費に有利

アパートの設計図と模型

複数の物件の管理

賃貸マンションを経営は、部屋数が多いほど大きな利益を獲得することが可能です。しかし1つの土地で確保できる部屋数は、土地の使用条件によって異なります。例えばオフィス街であれば、土地の使用条件が緩いために、高層の賃貸マンションを建設できます。ところがオフィス街は、緑地帯がそれほど多くありません。そのためファミリー世帯に場合には、緑地帯の多い住宅地に生活することが多くなります。いっぽう住宅地では、土地の使用条件として、高層の建造物を禁止していることが珍しくありません。結果として住宅地では、複数の賃貸マンションを所有しないと、部屋数を確保できなくなります。しかし複数の物件になると、管理を行うことが困難です。そうした点で住宅地の賃貸マンションは、一括借り上げ制度が人気になっています。

住宅メーカーへの依頼

複数の賃貸マンションの管理に、一括借り上げ制度を利用すると、維持費の面でもメリットがあります。賃貸マンションの場合には、入居者が満足してもらえるように、良好な状態を維持することが必要です。そうしなければ入居者が不満を抱いて、長く入居してもらえなくなります。すると部屋数がどれほど多くても、安定した利益を獲得することできません。しかし物件を良好な状態に維持するためには、定期的な補修工事のための料金が必要です。この補償工事の料金が、一括借り上げ制度を利用していると、普通よりも安くできます。これは一括借り上げ制度を行っている業者が、住宅メーカーを兼ねていることが多いためです。したがって今後の住宅地の賃貸マンションは、住宅メーカーに依頼することが増加する見込みです。