積み木の家

投資をするならマンション1棟買いを利用|安定収入をゲット

不動産活用を考えます

駐車場

土地だけで運用できます

日本における不動産の運用方法としては、賃貸物件を建築することが一般的でした。投資費用は高くなりますが、人口が増加していた時期には高い需要がある一方で工場等にも広く活用されました。しかし、人口減少が顕著になっている近年、老朽化が進んだことと重なって需要が低下して空家が増加して従来と同じ運用が難しくなっています。そのため、住宅を解体して最低限の施工だけで運用することができる駐車場が、効率的で注目を集めています。駐車場はスペースだけあれば利用者を募集して賃料が手に入るので、施工費用の回収を短期間で行うことができます。また、駐車場は更地に近い状態なので、希望者に迅速に売却することができることも高い人気がある理由です。

費用は必要性次第です

住宅等が建築されていない田畑等を駐車場として施工する場合には、元々の地盤が軟弱なことが多いので改良する必要があります。そのため、施工費用は、必ずしも安くなることは限りません。しかし、既に住宅として利用されていた土地を転用する際には、建築段階で地盤が固められているので必要性次第で省くことが可能です。つまり、駐車場の施工費用は、安くできる可能性が高くなります。一方で、自動車は重量がありますから、長期間利用し続けていると地盤沈下等の変化が現れて駐車場としての利便性が低下する場合があります。コンクリートの充填等は効果的ですが、施工費用は高額になりやすくなります。費用を安く抑えたい際には、砂利の敷設が効果的です。