スーツの人達

投資をするならマンション1棟買いを利用|安定収入をゲット

住宅地と維持費に有利

アパートの設計図と模型

マンションの管理を行なうことは、容易なことではありません。さらに複数の賃貸マンションを所有している方はその分倍の労力と時間が掛かります。そこで、負担を軽減するために一括借り上げに人気があるでしょう。特に、今一括借り上げを行っている業者の中には、住宅メーカーのところが多くなっているので修繕や維持費を節約することが可能です。

2つのマンション投資法

マンション

区分投資のデメリット

マンション投資をする場合に2つの選択肢があります。マンション1棟買いにするか区分投資にするかです。マンション1棟買いというのは文字通り、投資用にマンションをまるごと1棟購入する方法です。区分投資というのはワンルーム投資として知られており、マンションの1室を購入して賃貸に回す方法です。投資のハードルが低いのは区分投資ですが、収益性から見た場合はマンション1棟買いの方が投資としては遙かに有利です。例えば区分投資の場合、空室が出るとその途端に家賃収入が途絶えます。マンション1棟買いなら多少の空室が出ても他の部屋の家賃収入でカバーすることができます。このように安定した収入を長期間にわたって得るにはマンション1棟買いの方が有利です。ハードルが高い場合は中古マンションを探すという方法もあります。

入居者の幅が広いメリット

大学や大企業などが近くにある場合は学生や単身者の入居が見込めるので、区分投資もそれなりに安定した収入が得られます。ただし今後を考えると、少子化によって大学が縮小されたり統合されたりして学生数が減少する可能性もあります。企業なども事業の再編などで工場が閉鎖されることもあります。今後の経済状況を考えると、区分投資の先行きは不透明です。マンション1棟買いの場合はターゲットをファミリー層に絞ることもできますし、単身者用にすることもできます。今後の高齢化社会を考えた場合、高齢者世帯向けのマンション経営は可能性があります。このようにマンション1棟買いの場合は、入居者のターゲットを広げることができるというメリットがあります。

スーツの男性

転勤時に住宅を賃貸

最近では、短期間だけ住宅を借りたいというケースが増えていますので、転勤の場合に貸し出されるリロケーション物件などは家賃が相場よりも低く人気があります。オーナーにとっても入居者にとってもメリットがあります。

不動産活用を考えます

駐車場

伝統的な不動産活用として利用されていた賃貸住宅は、老朽化と人口減少で需要が低下しています。更地にする過程の運用として、駐車場は施工費用が安くて人気があります。住宅からの転用では、土地改良が不要で費用は安くなりやすいです。